ホーム > 株式投資 > 住居を残すことは無理

住居を残すことは無理

民事再生による整理は住宅のローンを含む複数ある債務に苦しんでいるひとをターゲットとして、マイホームを維持しつつ金銭管理において再建するための法による借金整理の道として利用できるようになった手段です。

http://kohbu.hatenablog.com/

民事再生制度には、破産宣告と違って免責不許可事由がないので賭け事などで債務がふくらんだのであっても可能ですし、破産宣告をした場合は業務停止になってしまう免許で仕事をされているような場合でも手続きが検討できます。

 

破産の場合だと、住居を残すことは無理ですし、任意整理や特定調停などでも元金は支払っていかなくてはなりませんので、住宅のためのローンも払いながら返していくのは実際のところ簡単ではないと思われます。

 

しかし、民事再生という処理を選択することができれば、住宅ローンのほかの負債については多くの負債を圧縮することもできますので余裕をもって住宅のローンを返済しつつあとの借入金を払っていくこともできるといえます。

 

でも、民事再生による解決は任意整理と特定調停等と異なりある部分のみの負債だけを省いて処理を行うことは許されていませんし、自己破産に適用されるように債務が消えてしまうということでもありません。

 

さらに、他の整理方法と比較しても若干簡単ではなく手間が必要ですので住宅のローンを組んでおり住居を手放せないような状況を除外して、自己破産のようなそれ以外の方法がない時だけの解決策としておいた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 住居を残すことは無理

    民事再生による整理は住宅のローンを含む複数ある債務に苦しんでいるひとをターゲット...

  2. テスト

    テスト記事です。...