ホーム > 出来事 > 保証人になる

保証人になる

破産を考えている人で抱える返済義務に対してほかに保証人を立てているときには、早い段階で話をしておいたほうがよいでしょう。

 

ふたたび、強調させていただきますが、ほかに保証人を立てているときは、自己破産の前段階にちゃんと考えておかなければなりません。

 

というのは今あなたが破産手続きを取って受理されれば、保証人になっている人がそれらの借り入れを全部果たす義務が生じるからです。

 

ですから、破産手続き前にあなたの保証人にこれまでのおかれた現状を報告して、お詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

 

それは保証人になるひとからすると当たり前です。

 

友人等のあなたが破産手続きをするのが原因で、結果的に数百万ものローンが生じてしまうことになるのですから。

 

そうして、以降の保証人の行動の手段は4つになります。

 

まず1つめですが、保証人である人が「全部返金する」ということです。

 

その保証人がすぐに大きな債務を問題なく弁済できるような財産をたくわえていれば、そうすることが可能になります。

 

でもその場合は、そのまま破産申告せずにあなたの保証人に立て替えをお願いしてあなたの保証人に月々一定額を返済するという形も取れるのではないでしょうか。

 

保証人が破産を検討している人と関係が良いのであればいくらかは期日を繰り延べてもらうこともありえます。

 

いっぽうでひとまとめにして返済ができないとしても、ローン業者も相談で分割での返済に応じるものです。

 

あなたの保証人にも破産手続き実行されてしまうとなにも戻ってこないことが考えられるからです。

 

また保証人がそのお金を全額支払う経済力がなければ、あなた自身と同じく何らかの債務の整理を選択することが必要です。

 

続いてが「任意整理」です。

 

この方法は貸金業者と示談することにより、おおよそ5年弱の年月で完済をめざす方法です。

 

依頼するにあたっての費用は債権1件につき4万円ほど。

 

7社からのローンがあった場合28万円必要です。

 

また相手方との交渉は自分でチャレンジすることも可能ですが、法律の知識がない人だと債権者側があなたにとっては不利な条件を投げてくるので慎重である必要があります。

 

くわえて、任意整理してもらうとしたとしても保証人にカネを代わりに払ってもらうことを意味するのですから借金をしたあなたは時間がかかるとしても保証人になってくれた人に支払いをしていく義務があるでしょう。

 

次の3つめは保証人である人も返せなくなった人とともに「自己破産をする」という方法です。

 

保証人である人も債権者と同じように自己破産をすれば、保証人の債務も返さなくて良いことになります。

 

しかしながら、保証人である人が戸建て住宅などを持っている場合は価値のある財産を取り上げられてしまいますし法令で資格制限のある業務に従事している場合などは影響がでます。

 

そのような場合、個人再生という制度を活用するといいでしょう。

 

では4つめの方法は「個人再生制度を使う」こともできます。

 

住宅等の不動産を処分せずに整理を希望する場合や、破産では制限がかかる職務に従事している方にメリットのあるのが個人再生という制度です。

 

これなら住居する不動産は手元に残りますし、破産申し立ての場合のような職業にかかる制限、資格制限等がありません。

 


関連記事

  1. 足脱毛とシミの悩みについて

    何だかんだ言って、ワキ脱毛の時にお店の雰囲気やスタッフの対応などをよく見て、幾度...

  2. アウトとセーフ

    破産手続きで持っている負債に対し保証する人を立てているときには、早い段階で相談を...

  3. 保証人になる

    破産を考えている人で抱える返済義務に対してほかに保証人を立てているときには、早い...

  4. テスト

    テスト記事です。...