ホーム > 技術 > 自分の頭頂部を見て凄まじいショックを受けました

自分の頭頂部を見て凄まじいショックを受けました

私は私が高校生だった16年以上前からずっと自分の薄毛の事で今まで悩み続けてきました。

私が自分の薄毛に初めて気が付いたのが今から16年前の高校1年生の春の事でした。

私は高校生になって、周りの友人達がどんどん彼女を作る中で自分も彼女を作ろうと色々とお洒落や髪型に気を使う様になっていたのでした。

そして私は生まれて初めて「整髪料」を自分の髪の毛につけてキメてみようと整髪料を持って鏡の前に立った時に、自分の頭の頭頂部の部分が薄く光って透けているのが目に入ってきたのです。

私はその薄く光って地肌が見えている自分の頭頂部を見た時に凄まじいショックを受けました。

とうとう自分も薄げになってしまったんだ、と感じ声も出ない程のショックを受けたのです。

そして私は次の日から育毛剤を自分の頭にふりかける様になりました。

育毛剤は自分の少ないお小遣いをはたいて薬局で購入し、それを毎朝起きたらすぐに頭にふりかける、という事を行っていたのです。

みんなの抜け毛の悩みダイジェストは、こちら

関連記事

  1. ワキガの上司がもしも自分のところにいたら

    ワキガの上司がもしも自分のところにいたとしたら、あなたならどのように対処をするで...

  2. 自分の頭頂部を見て凄まじいショックを受けました

    私は私が高校生だった16年以上前からずっと自分の薄毛の事で今まで悩み続けてきまし...

  3. テスト

    テスト記事です。...